管理会社社員語る

不動産事務はやめたほうがいい?楽しい?宅建はいかせる?向いている人やあるある話も紹介!

本ページはプロモーションが含まれています

不動産事務はやめたほうがいいのでしょうか?

この疑問には一概に答えられませんが、

不動産事務の仕事内容や宅建資格の有効活用、

そして向いている人の特徴を解説します。

不動産事務の「あるある」話も交えつつ、

不動産事務は楽しいかどうか、読み進めていただければ、あなたにとっての答えが見つかるはずです。

 

不動産事務はやめたほうがいい?

不動産事務はやめたほうがよいかは、

個々の状況や価値観、そしてキャリアの目標によって大きく異なると言えます。

不動産事務は、対人スキルや細かな作業への注意力、

そして、繁忙期を乗り越える力が重要な要素となります。

特に、顧客との対話や契約書の作成など、日々の業務は細心の注意を必要とします。

また、仕事量が増える時期には、時間管理やストレス対処能力も求められます。

 

一方で、宅建士などの専門的な資格を持っていれば、

専門性を活かし、キャリアアップの機会も広がります。

不動産事務は、業界内で専門知識を活かすことで、

自身のキャリアを一段階上げるチャンスが得られるのです。

さらに、業界での経験を積むことで、不動産事務から同じ不動産業界での転職が容易になる可能性があります。

つまり、この職種は、一定の経験を積むことで、様々なキャリアの選択肢が広がる可能性を秘めています。

 

また、不動産事務はやりがいを感じる人も多いです。

顧客の希望を形にすることのサポートや、

自分の専門知識を活かして問題を解決することなど、この仕事には多くの達成感があります。

自分の適性や職業への興味、そして将来の目標を深く考えて、

不動産事務という職種をやめるべきかどうかを慎重に判断することをおすすめします。

あなた自身の価値観や目指す将来の姿によって、その答えは大きく変わるでしょう。

 

 

不動産事務は楽しい?

不動産事務が「楽しい」と感じるかどうかは、

職場や人間関係、仕事に対する姿勢などにより異なりますが、

以下の4つのポイントで楽しさを感じる方が多い傾向にあります。

さまざまな業務

不動産事務は契約書の作成、顧客対応、物件情報の管理、広告の作成など、

多岐にわたる業務があります。

この多様性が好きな方には向いているかもしれません。

 

人と関われる

様々な顧客や業者とのコミュニケーションが必須です。

人と関わることが好きで、

コミュニケーション能力が高い方には楽しい職場環境となるでしょう。

 

専門知識の習得できる

不動産に関する専門知識や法律を学ぶことができます。

これらの知識を深めることに興味がある方にとっては、

やりがいを感じる場かもしれません。

 

問題解決できたときの達成感

複雑な取引や顧客からの様々な要望に対応することで、

問題解決能力が求められます。

チャレンジを楽しむタイプの人には適しています。

成功した取引が直接的に成果として現れるため、

達成感を味わいやすいです。

目に見える成果を重視する方には満足感が高いでしょう。

 

 

しかし、以下のような点で楽しくないと感じる方もいらっしゃるでしょう。

  • 繁忙期のストレス: 物件の売買や賃貸の契約が集中する時期には、業務量が増加し、ストレスが高まることがあります。
  • 細かな作業: 契約書の作成やデータ入力など、細かく緻密な作業が多いため、これを苦手とする方には向いていないかもしれません。
  • 厳格な規則: 不動産取引は法律に基づいて行われるため、厳格な規則や手順を守る必要があります。自由度を求める方には制約を感じる場合があります。

最終的に、不動産事務が楽しいかどうかは、

ご自身が仕事に求める要素と、

その職が提供する条件がどれだけマッチしているかによります。

 

不動産事務に向いている人はどんな人?

不動産事務に向いている人には、

以下のような特性やスキルがある方です。

 

コミュニケーション能力にすぐれている

事務とはいえ、電話をまず取ることが多いでしょう。

顧客や別の不動産業者、その他関係者との円滑なコミュニケーションが必要です。

相手のニーズを理解し、適切に対応できる人が向いています。

 

細かい作業への注意力がある

契約書の作成やデータ入力など、細部にわたる注意を払い、

正確性を求められる作業が多いため、注意深く丁寧な作業ができる人が適しています。

一文字違っただけで、金額は大惨事ですし、

契約書でも意味が変わってきたりします。

 

チームワークと計画性がある人

不動産事務は他のスタッフや部署と連携して進めことが多いため、

チームで協力して働くこが得意な人が向いています。

複数の案件を同時に進めることが多く、

効率的なタイムマネジメントと優先順位の設定がきる人が向いています。

 

不動産の専門知識がある・もしくは学びたい人

不動産に関する法律、税務、融知識など、専門的な知識が必要です。

学ぶ意欲がある人や既に知識がある人には向いています。

 

柔軟性がある人

不動市場は変動が激しいため、

新しい情報を素早くキッチアップし、柔軟に対応できる能力が求められます。

昔はこうだったのに…と過去のことに執着している人には向きません。

 

これらの特性をっているか、あるいはこれらのスキルを磨く意欲がる人は、

不動産事務の仕事に向いていと言えるでしょう。

もし不動産事務に興味がある場合は、これらの点を自己分の材料としてみてはいかがでしょうか。

 

 

不動産事務の給料(平均月収)はいくらですか?宅建はいかせる?

不動産事務の給料は、地域や企業の規模、本人の経験やスキル、持っている資格などによって大きく異なるため、

一概には言えませんが、日本国内での平均的な月収は、

大まかに20万円から40万円程度の範囲にあるとされています。

ただし、この数値はあくまで目安であり、

特に大都市圏では高く、地方ではやや低めになる傾向があります。

 

宅地建物取引士(宅建士)の資格は不動産事務において非常に有効です。

宅建士の資格を持つことで、不動産取引に関する法律的な知識を有していることが認められ、

重要事項の説明など法律行為ができるようになります。

これにより、より専門的な業務に従事することが可能となり、

給料アップにつながる場合もあります。

 

また、宅建士の資格を持つことで、キャリアアップの選択肢が広がり、

不動産会社内での昇進や、他社への転職市場においても有利に働くことが期待できます。

 

宅建士の資格をいかすためには、不動産会社での実務経験を積むことも重要です。

 

不動産事務のあるある話

不動産事務の「あるある」話は、業界ならではのちょっとした風景や、

共感を呼ぶような日常の出来事を指すことが多いです。以下は不動産事務の職場でよくある話です。

  1. 契約書の山: 契約シーズンになると、デスクが契約書や書類で山積みになることがしばしば。細心の注意を払ってチェックする日々が続きます。
  2. 鍵のやり取り: 物件の鍵を預かったり、返したりすることが日常茶飯事。時には「この鍵はどの物件のものだっけ?」となることも。
  3. 突然のトラブル対応: 物件のトラブルやクレームが突然発生し、急いで対応することが多い。予期せぬ状況に柔軟に対応するスキルが磨かれます。
  4. エンドレス電話対応: 物件に関する問い合わせや、取引関係者からの電話が絶えず、電話対応が一日の大半を占めることも。
  5. 広告の更新: インターネット上の物件情報を常に最新の状態に保つために、日々更新作業に追われる。
  6. 見学のアポイントメント: 物件の見学希望者との日程調整で、カレンダーとにらめっこ。スケジュール管理が大変です。
  7. 宅建士の重要性: 「宅建士持ってる?」がよく聞かれるフレーズで、宅建士資格を持つと一目置かれることも。
  8. 物件のキーワード: 「日当たり良好」「駅近」など、物件説明の定番フレーズが頭に浮かぶことがよくあります。
  9. 契約時の緊張: 契約書に署名・捺印する際は、一文字一文字に緊張が走ります。間違いがないかの確認は何度も何度も。

これらは一例ですが、不動産事務に従事する方々ならではの共通体験を表しており、

業界で働く人々ならではの笑いや苦労が含まれています。

これらの「あるある」は、業務に慣れるとともに、

仕事の一部として親しみを感じるようになるものですね。

 

まとめ

不動産事務の仕事は、多様な業務があり、人との関わりも多く、

日々の問題解決がやりがいとなります。

しかし、繁忙期のストレスや細かな作業が苦手な方には挑戦的な職場かもしれません。

 

宅建士の資格は、専門知識を活かしキャリアアップにつながるため、非常に有用です。

不動産事務に向いている人は、コミュニケーション能力が高く、細部に注意を払い、

組織力があり、ストレスに強い方です。

不動産事務の仕事をするかは、個人の価値観や職場環境によりますが、

人が良くて、自分に合った職場であれば、不動産事務は楽しい職業となるでしょう。

-管理会社社員語る