管理会社社員語る

家賃交渉の言い方は?入居中や更新時もできる?いくらまで?誰に言うべきかやコツを解説!

本ページはプロモーションが含まれています

「家賃交渉の言い方は?」、これは多くの賃貸居住者がぶつかる課題です。

驚くことなかれ、入居中や契約更新時でも交渉は可能です。

しかし、成功させるには、適切な言い方と戦略が必要となります。

この記事では、「いくらまで?」や「誰に言うべきか?」などの疑問に答えつつ、

家賃交渉のコツをわかりやすく解説していきます。

是非続きをご覧になり、賢い家賃交渉を成功に近付けましょう!

 

家賃交渉したいときの言い方!

家賃交渉は、自分にとってより良い賃貸条件を得るために重要です。

上手な交渉方法は潜在的な家計の節約につながります。

家賃交渉のタイミングは入居申し込みのとき(入居前)もしくは更新時に家賃交渉するのが一般的です。

 

家賃交渉のコツ

  • 周辺相場の調査: 交渉前に必ず周辺の賃貸相場を調べておきましょう。これにより、実際の相場と比べて適切かどうか評価できます。また、強みとなる情報を持って交渉に臨めますね🔍。
  • 交渉の言い方: ストレートに「家賃を下げてほしい」と言うのではなく、「他の物件と比較して少し高いと感じたのですが、家賃を見直すことは可能ですか?」などと婉曲に伝えるとスムーズです。また、「近隣の物件はこの価格ですが...」と具体的な情報を交えるのも効果的です。その他には「すごくこの物件を気に入っていて、住みたいのですが少しだけお家賃のご相談をしたいです。住むことができたら丁寧に使います。」と物件に対する愛をお伝えするのもありです。大家さんは自分の物件を汚くされたくないのです。

家賃交渉は、断られることもありますが、

成功すれば毎月の出費を抑えられ、長期的な節約につながります。

交渉は一種のコミュニケーションですから、丁寧にかつ積極的に挑んでみるとよいでしょう。

 

入居前に家賃交渉したい時

賃貸物件を探している時がチャンスです。

空室が多い物件や入居者募集期間が長い物件などは交渉しやすいです。

このタイミングであれば、大家さんも新たな入居者を得たいと考えているため、

交渉に応じやすい傾向にありますよ🏠💰。

 

入居中の更新時に家賃したい時

すでに居住中の物件での交渉は、更新時や周辺の家賃相場の変動、

大規模な修繕工事後などの変化があった場合に適しています。

家賃が難しければ、あと2年は確実に住む予定なので、

「更新料を割引してほしい」とするのも効果的です。

 

家賃交渉はいくらまで?

家賃交渉はぶっちゃけ、いくらでもできます。

契約書に貸主借主が協議の上…って大体入っていますので。

相談してOKがでればいくらでもいいのです。

自分が納得がいく数字で交渉してみましょう。

それでも目安がほしい!のであれば、まずは1割程度、と覚えておくのはいかがでしょうか。

また、1,000円から3,000円程度だと、成功しやすい金額ですね。

家賃交渉の成功率は、私の管理会社勤務時代の経験の感覚だと3割程度ですかね。

新規入居時だと4割くらいかもしれません。

高額な家賃10万円以上だったり、人気エリア(物件)になると、

家賃交渉する人は危ないとなって、逆に入居すらお断りされる場合もあるので気を付けてください。

 

また、更新時に家賃減額になると、

また書類作って双方印鑑もらって…ってなるのが管理会社としては正直面倒です。

 

入居前の段階であれば、初期費用(敷金礼金など)の交渉をするのも良いでしょう。

 

家賃交渉は確実に成功するとは限らないため、最終的な判断は各自の責任で行ってください。

個々の物件や大家さんの状況によっても異なるため、一般的な傾向として捉えてくださいね。

 

家賃交渉は誰に言うべき?

家賃交渉を行うには、適切な交渉相手を選ぶことが重要です。

以下に、誰に交渉すべきかについてまとめました。

入居前の交渉相手

  • 交渉相手: 一般的には、部屋を紹介してくれた不動産会社に相談するのが基本となります。
  • 不動産会社の役割: 不動産会社が中介となって、大家さんまたは管理会社へ交渉を代行してくれます。

入居後の交渉相手

  • 管理会社: 契約済みの物件を管理する会社が窓口となり、交渉は管理会社を通じて行われることが一般的です。
  • 直接契約の場合: 大家さんと直接契約を結んでいる場合には、大家さんに直接交渉を申し出るケースもあります。

 

注意点として

  • 適切なタイミング: 家賃交渉は入居意思が固まった上で、具体的な物件の内見や条件を確認した後に行うのが最良とされています。
  • 繁忙期と閑散期の影響: 時期によっては、適当なタイミングで交渉を行うことで成功確率が変わる可能性があります。入居申し込み時の交渉は繁忙期(1~3月)よりも閑散期(4~12月)のほうが交渉が通りやすい傾向にあると言われています。

交渉をする際には、スムーズかつ効果的な進め方を心がけ、

マナーを守りながら交渉するようにしましょう。

また、感情的にならずに、根拠ある交渉を行うことが大切です。

家賃交渉は上手なコミュニケーションが求められる場面ですので、気を付けてくださいね。

 

家賃の値下げ交渉のメールの例文

家賃交渉をメールで行う場合の例文をご紹介します。このメール例文はあくまで一例ですので、

状況に応じて適宜カスタマイズしてご利用ください。

 

件名: [物件名]の家賃交渉について

[管理会社名]

〇〇様

この度は、[物件名]の内見をさせていただき、誠にありがとうございます。

[あなたの名前]と申します。

内見の際には格別のご配慮を賜り、感謝申し上げます。

[物件名]は立地条件、設備など私の希望にぴったり合っており、

大変気に入っております。

入居を強く希望している次第でございますが、

家賃に関して、少しご相談させていただきたいことがございます。

実は、私の予算は[あなたの希望家賃]で、[物件の現家賃]との間にやや差がございます。

近隣の物件と比較しても、やや高めの設定のように感じました。

可能であれば、[希望する値下げ額]ほどの値下げをご考慮いただけますと幸いです。

家賃の見直しについてご検討いただけますでしょうか。

ご都合の良い時にご返答いただけますと、ありがたく思います。

もちろん、建物や立地への満足度は非常に高いことから、長期にわたり大切に物件をお借りしたいと考えています。

何卒、ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。

[あなたの名前]
[連絡先電話番号]

 

 

メールを送る際は、敬意を持った表現を用い、自分の立場を明確にしつつ、

相手にも理解と協力を求める姿勢が大切です。

また、交渉内容に関しては、きちんと根拠を持って説明するようにしましょう。

成功するかどうかは相手の状況にも依存しますが、

礼儀正しいコミュニケーションをとることで、スムーズなやり取りが期待できます✉️

 

まとめ

家賃の交渉は入居中や更新時でも行うことができ、

相場や物件の状況に応じて幅広くコツを押さえることが重要です。

家賃の相場は周辺の物件との比較や、物件の特性を考慮した上で、現実的な値下げ額を設定します。

交渉は不動産会社や直接大家さんに向けて行うのが一般的です。

成功のコツとしては、交渉タイミングの見極め、礼儀正しい伝え方、根拠ある提案が挙げられます。

値下げ交渉は、一度に大幅な値下げを要求するよりは、合理的な範囲で行うのが良いでしょう。

 

-管理会社社員語る