管理会社社員語る

宅建で人生が変わる!?取ったけど役に立つか?宅建士試験に落ちたら恥ずかしい?

2023-12-21

本ページはプロモーションが含まれています

宅建資格を取ることで不動産分野でのキャリア拡大が期待できますが、

実際に人生にどのような影響を与えるかはあなた次第です。

成功した経験を共有する一方で、試験に合格できなかったことを多くの人が経験しています。

しかし、失敗は新たなスタートの契機と捉え、再挑戦は成長のチャンスです。

宅建取得が人生を変えるかどうかは自身の目標や状況に依存しますが、そのプロセスで得る知識や経験は無駄ではありません。

事例をふくめて解説します。

 

宅建で人生が変わる!?

「宅建」を取得することで人生が変わるというのは、

この資格が持つ広範で深い知識と専門的なスキルを身に付けることで、

不動産業界でのキャリアアップを図ることが可能であるという意味です。

 

不動産取引は高額な商取引であり、

また契約内容や法律など、専門的な知識を必要とする業界です。

そのため、宅建資格を持つことで信頼性を高め、顧客からの信頼を獲得することができます。

それ以外にも、不動産投資や自己の住宅購入などで直接的に活用できる知識を得ることができます。

ゆみか
私も不動産投資もしているので、とても役に立っています

 

さらに、宅建資格は通常の不動産営業職だけでなく、

不動産開発やコンサルティング、不動産法律専門家など幅広い分野で求められる資格です。

つまり、この資格を取得することでキャリアアップ可能性があるのです。

私の会社の課長代理は、宅建を取ったことにより、「課長」⇒「部長」と昇格しました!

部長になったのは異例の昇格でした。※ちなみに50人以上部下がいる役職です。

人となりや仕事ができることもあったので、「部長」になるべき存在でしたが、

宅建を取得できていなかったら、ずっと「課長代理」のままだったでしょう。

不動産業界ではそれだけ「宅建」に重きを置いている会社もあります。

 

これらの理由から、「宅建で人生が変わる」と言われるのです。

資格取得には時間と労力が必要ですが、

それに見合うだけの価値が「宅建」にはあります。

 

また、宅地建物取引士として独立することも可能で、これによってより自由度の高い働き方を選ぶことができます。

不動産投資家さんのなかでも、安く買って、リフォームして再販して…をやっているうちに、

自分でやった方が早い!と考えて、宅建士の資格を取って、独立開業しちゃう方もいますね!(^^)!

こうなると人生が変わると言っても過言ではないでしょう。

 

しかし、宅建取得のためには時間と労力の投資が必要ではあり、

その投資が自分自身のキャリアゴールや人生設計に合致しているかどうか熟慮することが重要です。

 

宅建とってよかったことは?

宅地建物取引士の資格を持つことで得られる利点は以下のようなものがあります。

専門知識の獲得

宅建を取得するための勉強で、自身の不動産知識が大幅に増します。

新たに家や土地を購入する際、不動産会社が提供する情報だけではなく、自分自身で判断できる力が付きます。

また、不動産投資などを行う予定があれば、そのための専門知識を有することになります。

 

信頼関係の構築

宅建は法律の理解や倫理的行動が要求される資格ですので、

宅建をもっていれば、顧客やビジネスパートナーとの関係構築がしやすくなります。

特に不動産関連のビジネスにおいては、相手の信用がビジネス成功に重要となるため、

宅建所持者は相手からの信頼を得やすくなります。

 

キャリアアップ

不動産業界就職・転職時、あるいは昇進の際に、

 

宅建の資格は一つのアドバンテージとなります。

宅建所持者の中には不動産会社の経営者や独立した不動産コンサルタントも多く存在し、そのためには宅建資格は必須です。

 

以上のような利点がありますが、宅建取得への道は難易度が高く、取得のための時間や労力を考慮すると、

取得することが自身のキャリアゴールや人生計画に適しているかを考えてみることをおすすめします。

 

宅建士になると何が得になるの?

宅建士になるとお得になると感じることをあげていきます!!

年収アップとキャリアアップ

宅建士資格は年収向上やキャリアアップにつながりやすく、仕事にやりがいをもたらします。

ただ、みんなが当然に持っている会社だと、持っていて当然だね、逆に持っていないと恥ずかしいよね、

ということで特にこのメリットは感じないかもしれません。

 

独占業務とやりがいのある仕事

宅建士は独占業務があり、不動産取引において重要な仕事を担当できるため、やりがいがあります。

宅建士にしかできない「重要事項の説明」ができるので、資格を持っていない人からすると社内でお願いしたりしないといけないので、資格保持者のみの独占業務があります。

 

就職・転職に強い資格

宅建士資格は就職や転職において有利であり、幅広い職場で活躍できます。

宅建業者は5人に1人宅建士を置かなければならないので、宅建士不足の業者さんには重宝されます。

 

一生続く資格登録の効力

資格登録の効力は一生続きます。(資格の更新はあります)

一度、業界を離れても、また戻ってくることもできます。

女性は育児などで社会から離脱することもあるかもしれませんが、再就職しやすい資格です。

 

宅建士取ったけど実務経験なしで役に立つか?

実務経験がなくても、宅建士資格は役立ちます。

以下がその理由です。

独占業務の存在

宅建士は独占業務があり、これにより特定の不動産取引業務を専門に担当できます。

実務未経験者にとってもまずは独占業務を行って、ほかのことを覚えていくチャンスとなります。

 

知識を実務に活かしやすい

取得した知識は実務に直結しやすく、宅建士資格を持つことで仕事において優位性を持つことができます。

ただし、試験内容と実務も違う面があります。

実際に就職して、勉強したことと違う!となっても柔軟に対応していく能力も必要でしょう。

 

国家資格である

宅建士は国家資格であり、転職や就職活動においてはプラス評価となりやすいです。

持っているだけで、採用されるチャンスが他の人よりアップします。

 

 

宅建士試験に落ちたら恥ずかしい?

宅建士試験に落ちたからと言って恥ずかしいことではありません。

多くの受験者が複数回試験を受験し、合格を目指しています。

失敗は成長の一環であり、再挑戦が成功につながることもあります。

重要なのは挫折を乗り越え、強く立ち上がることです。

合格までの過程で学びと経験を積んで、次回に活かすことが大切です。

 

ただし、会社社内でみんなで合格を目指す場合や、

私の勤務していた会社のようにほとんど全員が宅建士を持っている環境だと、

試験に落ちたら、からかわれたりするかもしれません。

実際に、上司が何度も試験に落ちていた時はからかう人もいました。

新卒ちゃんには、「また来年がんばれ~」と声をかけていました。

本人のキャラクターにもよるのかもしれませんね。

試験に落ちることが恥ずかしく、受験することを隠す人もいますが、

試験を受けることを公表して、勉強に力をいれるほうが効率的な場合もあります。

仕事面でも公表した方が、試験前は仕事のボリュームの調整もできます。

 

まとめ

宅建資格は不動産分野でのキャリアアップや転職の可能性を広げる一方で、

試験に合格できなかった場合も、多くの受験者が同じ経験を共有しています。

取得した宅建資格がどれほど役立つかは個人のキャリア目標や状況により異なりますが、

挑戦と成長のプロセスであることを忘れず、再挑戦は決して恥ずかしいことではありません。

人生を変えるかどうかは「自分がこれからやりたいこと」と「運」も関わりますが、

次なる挑戦に向けて前向きに考えることが大切です。

ゆみか
重要なのは資格を取ってから「なにをしたいか」である!

 

-管理会社社員語る