不動産投資

FIREはやめとけ?失敗例は?FIREで仕事をやめるのを目標にせずその後の生き方を決めよう!

本ページはプロモーションが含まれています

「FIREはやめとけ?」との声もありますが、実はその答えは一概には言えません。

FIREには成功の鍵もあれば、失敗に繋がる落とし穴も潜んでいます。

投資の誤算や生活費の見誤りなど、失敗例を知ることは計画に役立ちます。

では、FIRE成功後に何をすべきか、その秘訣も解き明かしていきましょう。

 

FIRE(Financial Independence, Retire Early)はやめとけ?

FIREは、「経済的自立を達成して早期退職を目指す」というライフスタイルのことです。

では、なぜ「やめとけ」と言われることがあるのか、理由を探ってみましょう。

  1. リスクと現実性
    • FIREを実現するためには、かなりの貯蓄と投資が必要です。市場の変動に強い耐性が必要で、投資の知識も求められます。
    • 退職後の生活費用が予想よりもかかる場合、資金が不足するリスクがあります。インフレや予期せぬ医療費などがその原因となり得ます。
  2. 社会保障システムとの兼ね合い
    • 税制や年金制度は長期の就業を前提として設計されているため、早期退職するとそれらの恩恵を十分に受けられない可能性があります。
  3. 人生の充実感
    • 仕事を通じて得られる達成感や社会とのつながりも重要です。これらを早期に手放すことで、人生の充実感が減少することも考えられます。
  4. 計画の維持
    • 長期にわたるFIRE計画を維持するには、強い自己管理能力と規律が求められます。生活水準を意図的に下げることが必要な場合も多く、それがストレスになることもあります。

FIREは自由な生活を手に入れるための一つの方法ですが、

多くのリスクと犠牲もあります。

したがって、「やめとけ」という意見は、

これらのリスクや犠牲に対する警鐘として存在するわけです。

それでもFIREを目指す場合には、慎重な計画と準備が必要となります。

 

FIREの失敗例は?

FIRE運動に挑戦する人々が直面する失敗例はいくつかあります。

以下にいくつかの典型的なシナリオを挙げてみましょう。

  1. 投資の失敗
    • 株式市場の予測不能な変動により、投資が大きく損なわれる可能性があります。特にFIRE運動では早期に大きな資産を築くことが求められるため、リスクの高い投資に手を出すことがあります。これが裏目に出ると、計画が狂う原因になります。
  2. 生活費の過小評価
    • 退職後にかかる生活費を過小評価し、必要な貯蓄額を下回る場合があります。特に医療費やインフレ率の上昇は予想外の出費を引き起こします。
  3. 意外な出費
    • 家族の病気や自然災害など、予期せぬ出来事が発生し、その結果、蓄えを取り崩すことになる場合があります。
  4. 精神的・社会的な問題
    • 仕事を辞めた後の社会的な孤立感や、自己価値の喪失感など、精神的な問題に直面することがあります。これは特に仕事が自己実現の源であった人にとって顕著です。
  5. 計画の過信
    • FIRE達成後も、計画通りに生活することが難しく、予想外のインフレや生活水準の変化に適応できないことがあります。

これらの失敗例から分かるように、FIREは非常に計画的かつ慎重にアプローチする必要がある運動です。

リスク管理が不十分だと、早期退職後の生活に多大な影響を及ぼす可能性があります。

 

FIREするためには?

FIRE運動を成功させるためには、以下のステップが一般的に推奨されます。

計画的に取り組むことが重要です。

step
1
目標の設定

まずは、経済的独立を達成するために必要な資金額を計算します。

これは、年間の生活費の25倍から30倍が一的な目安とされています。

step
2
貯蓄率の最大化

収入の大部分を貯蓄に回し、支出を最小限に抑えます。

多くのFIRE実践者は収入の50%以上を蓄に充てています。

step
3
支出の削減

日々の支出を見直し、不要なコストを削します。

小さな支出のカットも長期にわたってきな節約につながります。

step
4
収入を増加させる

転職や副業、投資などで収入を増やすことも重要です。

より多の資金を貯蓄・投資に回すことができます。

 

step
5
投資を始める

貯蓄をただ預けるけでなく、株式や債券、不動産など、様な資産に分散投資し、資産を増やします。

期的な成長を見込める低コストのインデックファンドがよく推奨されます。

自分だけではなくお金にも働いてもらいます。

step
6
リスク管理

投資のリスクを適切に管理し、

市場変動に対応するためのプランを持つことが重要です。

 

step
7
自己投資と情報の収集

投資や財務計画に関する知識を身につけることで、より賢決断ができるようになります。

step
8
健康への投資

長期にわたって健康を維持することは、医療費の節約にもつながります。

 

FIREは個人生活スタイルや価値観に深く関わるものなので、自分に合った方法で取り組むことが成功の鍵です。

また、FIREした先輩や専門家と相談しながら進めることも有効です。

 

FIREしたら暇すぎる?

FIRE(Financial Independence, Retire Early)を実現した後に感じる「暇」については、

個人のライフスタイルや興味、価値観によって大きく異なります。

早期退職後の時間の使い方は、計画的に考えておくことが大切です。

 

以下に、FIRE後の時間を有意義に過ごすためのいくつかのアイデアを挙げます。

  1. 趣味の追求
    • 普段忙しくてできなかった趣味や興味のある活動に時間を使うことができます。
  2. ボランティア活動
    • 社会貢献を行うために、地域社会のボランティア活動に参加することも一つの選択肢です。
  3. 再教育
    • 新しいスキルを学んだり、興味のある分野での教育を受けることも可能です。
  4. パートタイム労働またはコンサルティング
    • 完全に仕事を辞める代わりに、パートタイムで働いたり、専門知識を活かしてコンサルティングをすることも考えられます。
  5. 旅行
    • 働いていたときには時間が取れなかった長期旅行を楽しむことができます。
  6. 家族や友人との時間
    • 家族や友人と過ごす時間を増やして、人間関係を深めることもできます。
  7. 健康管理
    • 運動や健康的な生活習慣により時間を割くことで、より健康的な生活を実現できます。
  8. 創作活動
    • 書くこと、描くこと、音楽を作ることなど、創造的な活動に没頭することができます。

人は活動的であることによって満足感を得ることが多いです。

したがって、FIREを実現した後も、自分の時間を有意義に使うための計画を立てることが重要です。

また、FIRE後のライフスタイルについては、

実際に早期退職をする前にじっくりと考え、計画を立てることをおすすめします。

 

FIREしたその後の生き方を決めよう!

FIRE(Financial Independence, Retire Early)を実現した後の生活については、

事前にしっかりと計画を立てることが大切です。

経済的な自立を達成した後の時間をどのように過ごすかは、その後の人生の満足度に大きく影響します。

以下は、FIRE後の生活計画を立てる際に考慮すべきポイントです。

  1. 自己実現
    • 仕事を通じて得ていた達成感を、他の活動でどのように補うかを考える必要があります。これは趣味、ボランティア、または新しい学びによって達成できるかもしれません。
  2. 社会との繋がり
    • 人は社会的な生き物であり、他人との関わりを通じて多くを得ています。友人や家族、地域社会との繋がりを保つための計画が必要です。
  3. 健康管理
    • 長い退職生活を健康に過ごすためには、運動や食生活などの健康管理が重要になります。FIRE後も定期的な健康診断や運動習慣を維持しましょう。
  4. 精神的な充実
    • 人間関係だけでなく、精神的な充実も大切です。瞑想、読書、学問など、心の平穏を保つための活動を見つけましょう。
  5. 経済的な柔軟性
    • 予期せぬ出費や経済状況の変化に対応できるよう、経済的な計画には柔軟性を持たせることが大切です。
  6. 継続的な学び
    • 世の中は常に変化しています。新しいスキルを学び続けることで、変化に対応しやすくなります。
  7. 長期的なビジョン
    • 人生の後半に何を成し遂げたいか、どのような遺産を残したいかを考え、長期的なビジョンを持ちましょう。

FIREは一つの手段に過ぎず、その後の充実した人生を送るための準備と計画が非常に重要です。

自分にとって意味のある生き方を見つけるためにも、

FIREを目指す前や過程で、このような点をじっくりと考える時間を持つことをお勧めします。

 

まとめ

「FIREはやめとけ?」という疑問に対し、

FIREは経済的自立と早期退職を目指すものですが、

リスク管理と計画性が不可欠です。

失敗例としては、投資の失敗や生活費の過小評価、予期せぬ出費などが挙げられます。

これらのリスクを回避するためには、FIREに成功した後の生活設計が重要です。

仕事をやめることだけに焦点を当てるのではなく

その後の生きがいや人間関係、健康管理など、

充実した人生を送るための計画を立てるべきです。

ですので、FIREを目指す際には、しっかりとした準備と、退職後の生活についても深く考えることが大切です。

-不動産投資