不動産投資

不動産投資で騙される人の特徴は?会社や家族にバレないようにすると騙される?不動産投資のリスクも解説!

2024-03-18

本ページはプロモーションが含まれています

不動産投資で騙されやすいのは、

知識が不足している初心者や、すぐ儲かる・節税になるなど、過大な期待を持っている人です。

また、家族や会社に秘密で投資をしようとすると、

必要な情報収集や相談ができず、リスクが高まります。

本記事では、不動産投資で騙される人の特徴と、

騙されないための心構え、さらに一般的な不動産投資のリスクについて紹介します。

騙されずに安全に不動産投資を行うためのヒントを探っていきましょう。

続きは下記でチェックしてくださいね!

 

不動産投資で騙される人の特徴!

不動産投資は魅力的な資産運用方法の一つですが、

知識がないと簡単に騙されてしまうリスクも伴います。

特に、不正な不動産投資の被害に遭う人には共通の特徴があります。

 

不動産投資で騙される人の特徴

 

  • 情報不足を利用される: 不動産業者が持つ情報の量や質がお客さんよりも圧倒的に多いため、不動産投資の未経験者や初心者は特に騙されやすい状況にあります。
  • 勧誘や紹介による心理的影響: 「友人から紹介されたので信頼できる」と考えてしまったり、「限定のチャンス」と聞いて急かされることで冷静な判断ができなくなります。

 

騙される場合の一般的な手法3選

  1. 手付金詐欺: 手付金を支払った後に業者が音信不通になるケース。
  2. 入居状況の偽装: 物件購入後、入居者が次々と退去し、想定した収益が得られない。
  3. 超優良物件という甘い言葉に騙される: 「確実に儲かる」「早く契約しないと売れてしまう」といった甘言による急かしで、熟考せずに契約してしまう。

 

騙されないようにするの対処法

  1. 情報収集と知識の習得: 不正な投資から身を守るためには、不動産投資に関する知識を深め、情報収集を怠らないことが重要です。
  2. 第三者の意見を聞く: 好条件の物件を紹介された場合でも、焦らずに第三者の意見を聞く時間を持つことが大切です。ここでいう第三者とは、実際に不動産投資を行っているオーナーが良いです。大家の会もありますし、ツイッターやブログから物件を持っているオーナーに相談しましょう。情報はすべて開示するべきです。中途半端に相談しても意味ないでしょう。また、間違っても不動産屋に聞いたり、不動産投資を知らない家族に聞かないようにしましょう。

不動産投資においては、十分な情報収集と知識の習得が非常に大切です。

怪しいと感じたら、一度立ち止まって冷静に考えることが重要です。

また、身近に経験者がいれば、その人の意見を参考にするのも良いでしょう。

賢く情報を選択し、投資の世界を楽しみましょう!

 

不動産投資の副業は会社にバレますか?

サラリーマンが副業として不動産投資を行う場合、

会社にばれないかどうかが気になるポイントですよね。

副業としての不動産投資がどうして会社にばれるのか、またその予防策について詳しく見ていきましょう。

 

不動産投資が会社にバレる主な原因

主な原因は、住民税の天引きです。

不動産投資からの収入によって住民税が増えると、

それが給与明細を通じて会社に知られるケースがあります。

住民税は前年の年間総収入を元に計算され、会社はその代わりに住民税を納付しているため、

給与以外の収入が会社にバレる可能性があります。

 

会社にバレないための方法

確定申告書の記入方法に注意すればOK。

家賃収入など、副業による所得が20万円を超える場合は確定申告が必要です。

確定申告書の記入方法に注意し、

家賃収入にかかる住民税を自分で納付することで、会社にバレることを防ぐことが可能です。

確定申告時に、住民税の「普通徴収」を選択することで、

会社経由ではなく直接市町村へ納税する形を取れば、会社に副業がバレることを防げます。

もしくは、法人化を検討するのもいいですね。

不動産投資を法人化することにより、

個人の収入としてではなく法人の収入として管理することができます。

ただし、法人化の際は法人の住所や報酬の受け取り方に注意が必要です。

 

不動産投資は副業とみなされるのか

上記の方法を駆使することで、副業としての不動産投資を会社にバレずに行うことが可能です。

会社の就業規則や方針により、状況は異なりますので、副業が明確に禁止されている場合は特に注意が必要です。

ただ、親から相続でアパートを引き継いだケースなど、

自分で始めなくても不動産収入がある場合がある人もいるので、

必ずしも不動産投資が副業とみなされるのかは、不明確な点もあります。

 

会社の就業規則や方針をよく確認し、

住民税の扱いや法人化といった手段をうまく活用して、リスクを回避しましょう。

不動産投資を上手にビジネスとして行うことで、サラリーマンでも安定した収入を得ることが可能です。

 

不動産投資でやってはいけないことは何ですか?

不動産投資は安定した収益を見込めることから人気がありますが、

うまくいかない場合もあります。

不動産投資でやってはいけないことを3つ紹介します。

これらを避けることで、不動産投資のリスクを減らせます。

 

新築ワンルームマンションを購入する

新築ワンルームマンションの投資は魅力的に聞こえますが、

購入後の価値の下落が大きく、売却時に損が出やすいため、おすすめできません。

 

サブリース物件を購入する

サブリース契約の物件は初めから家賃収入が保証されているように思えますが、

保証は完全ではなく、数年ごとに家賃改定の可能性があり、思うような収益が得られないこともあります。

また、売却時にサブリースを外せないと、苦労します。

 

信用できない業者から購入する

怪しい業者や不透明な取引に関わることは避け、

信頼できる不動産業者を選ぶことが肝心です。

本気で不動産投資を始めたいなら何件も回って、何件もみましょう。

 

不動産投資で成功を目指したい人へ準備するポイント3選

  1. 自己資金の準備: 適切な自己資金の準備をしておくことで、投資リスクを軽減し、安心して取り組めます。
  2. 知識の習得: 不動産投資に関する知識をしっかりと身につけることで、失敗のリスクを減らすことができます。
  3. 相手方の信頼性を確認: 不動産取引において、相手方の信頼性や素性を確認することは非常に重要です。

不動産投資は適切な準備と正しい知識があれば、

長期的に安定した収益を得ることができる魅力的な投資方法です。

しかし、やみくもに投資を進めることは避け、

リスクを正しく把握し、賢明な判断を心がけましょう。

投資を始める前に、まずは十分にリサーチを行い、慎重に進めていくことが大切です。

不動産投資について学ぶのは、

成功している大家さんからが良いです。

不動産投資会社に行っても、良い話しか聞けません。

もし不動産投資会社に行って、成功しているオーナーさんに

複数あわせてもらえるなら、紹介してもらいましょう。

 

不動産投資の最大のリスクは何ですか?

不動産投資は、安定した収入源とみなされがちですが、

いくつかのリスクも伴います。

ここでは、特に注意すべき不動産投資の最大のリスクを見ていきましょう。

 

不動産投資の代表的なリスク3つ

  • 空室リスク: 物件が空いてしまい、収入がゼロになるリスクです。優良な立地や需要の高い物件の選定が重要です。
  • 家賃滞納リスク: 入居者が家賃を支払わないリスク。信頼できる賃貸管理会社の選定や審査の徹底が必要です。
  • 修繕リスク: 物件の老朽化や予期せぬ修理が必要となるリスク。定期的なメンテナンスと予備費の準備がポイントです。

不動産投資の最大リスク

不動産投資の最大のリスクは、情報や知識不足です。

不動産投資の最大リスクは、曖昧な知識で投資を進めることです。

適切な物件選びからローンの組み方、現実的な収支計画まで、詳しい知識と正確な情報が必要となります。

不動産投資においては、リスクに対する適切な知識と情報が成功の鍵を握ります。

投資を始める前に、市場の動向、物件の需要と供給、立地条件などを徹底的に調査しましょう。

また、現実的なシミュレーションを行い、無理のないローン計画を立てることも重要です。

 

不動産投資を成功に導くためには、市場の理解と将来的な収益性を見極める力が求められます。

情報収集と知識の習得に時間をかけることで、リスクを最小限に抑え、不動産投資による安定した収益を実現させましょう!

 

まずは実際に成功しているオーナーが書いた書籍を10冊読んで、

楽しそうだな!と思えたら不動産投資の世界に入ってきてください。

圧倒的な行動量がないと不動産投資の世界では成功しません。

 

まとめ

不動産投資で騙される人の特徴として、過度のリスクを理解せずに甘言に乗ってしまう点が挙げられます。

特に、会社や家族にバレずに投資を進めようとする場合、

不動産投資の知識が不十分であることが多く、これが騙されやすい状況を作り出しています。

また、不動産投資のリスクには、空室リスクや家賃滞納リスク、修繕リスクなどがあり、

これらに対する適切な知識と対策が不可欠です。

不動産投資の成功は、正確な情報と知識武装から始まります。

 

-不動産投資