リフォーム体験談

持ち家はデメリットだらけ?地獄?いらない派の主張と失敗しないためのポイント

2024-01-27

本ページはプロモーションが含まれています

持ち家は憧れるし、魅力がありますが、デメリットも忘れてはいけません。

住宅ローンの返済や維持費、将来の不安など、購入後に地獄だと感じる人もいます。

また、持ち家はいらない派もいます。

ここでは、持ち家のデメリットについてと、成功するためのポイントについて考えてみましょう。

持ち家にはリスクが潜んでいますが、

賢く選び、計画的に進めることで、地獄ではなく快適な生活を手に入れることができます。

失敗しないために、読んでみてくださいね。

 

デメリットだらけの持ち家事情の真実の裏に迫る

持ち家には憧れがありますが、購入前に知っておきたいデメリットがいくつかあります。

  1. 金銭的な負担が大きい

    • 住宅購入費用だけでなく、諸費用や税金など初期費用がまとまります。
    • 住宅ローンを組む場合、返済期間が長く金利もつきます。
    • 固定資産税や管理費など、賃貸よりもランニングコストがかさみます。
  2. 自由度が制限される

    • 売却や転居がしにくく、ライフスタイルの変化に対応しづらいです。
    • 大規模なリフォームや改装には制限がある場合もあります。
  3. リスクが伴う

    • 地震や火災などの自然災害による被害リスクがあります。
    • 住宅市場の変動による資産価値の下落リスクもあります。
    • 住宅ローン返済が困難になるリスクもあります。
  4. メンテナンスが必要

    • 建物や設備の経年劣化に伴い、定期的なメンテナンスや修繕が必要です。
    • 庭があれば手入れも必要となり、負担になる場合もあります。

持ち家は一概に悪いわけではありませんが、デメリットをよく理解した上で、

自分のライフプランや資金計画に合った選択をすることが大切です。

 

持ち家は地獄?持ち家いらない派の人の本音は?

「持ち家=地獄」という表現を使う人たちの本音は、

一般的に家を所有することに関連する様々な負担やストレスを指していることが多いです。

具体的には以下のような点が挙げられます。

  1. 金銭的負担: ローンの支払いが長期にわたり、金利や将来の市場価値の変動リスクを抱えること。
  2. メンテナンスの責任: 家の修理やメンテナンスは全て持ち主の責任であり、これが予想外の出費や時間を要することがある。
  3. 固定資産税などの税金: 所有しているだけで毎年固定資産税がかかり、経済的負担となる。
  4. 自由度の制限: 住み替えに柔軟性がなく、転職やライフスタイルの変化に応じて容易に移動ができない。
  5. 精神的負担: 長期ローンを抱えることによる精神的な圧迫感や、所有することへの責任感。

しかし、これらはあくまで一面であり、持ち家を「安心・安全の象徴」と考える人々も多くいます。

持ち家を持つことで得られる安定感や、

自分の好きなようにカスタマイズできる喜び、資産としての価値など、

プラスの側面を感じる人もたくさんいるのです。

 

持ち家いらない派の人たちの主張は下記のとおりです。

  • 都会で働いているが最終的には実家に帰るor実家に土地がある
  • 会社の家賃補助が手厚いため、家賃補助の期間が終了したら購入する予定
  • 引っ越しが好きだから賃貸の方が気軽に暮らせる

 

最終的には、持ち家をどう捉えるかは個人の価値観や経済状況、

ライフスタイルによって大きく異なります。

ですので、「持ち家=地獄」と感じる人もいれば、

全く逆に感じる人もいるわけですね。

 

持ち家のメリットとは?知って得するポイント

住宅購入にはデメリットもありますが、

持ち家には知っておくべきメリットもたくさんあります。

ここでは、持ち家のメリットに焦点を当て、知って得するポイントを紹介します。

 

1. 資産形成の一環として 持ち家は将来的な資産形成につながります。不動産価値の上昇や住宅ローンの返済により、将来的な安定感が期待できます。

2. 自由なリフォームが可能 所有する家ならではの特権として、自分の好みに合わせたリフォームが可能です。これにより、快適で理想的な住環境を築くことができます。

3. 安定感とプライバシーの向上 持ち家は安定感があり、住宅ローンが終われば住居費が抑えられます。また、プライバシーが守られ、自分のスペースを大切にできます。

 

持ち家にはこれらのメリットがあり、慎重な計画と検討により失敗を避けることができます。

将来を見据え、メリットを理解した上での購入が成功の鍵です。

 

我が家も中古をリフォームすることによって、

賃貸で暮らすよりも住居費が安くなった上に、広くて駅に近い物件に引っ越すことができましたよ。

こちらもCHECK

【ブログ・リフォーム体験談】築30年超60㎡のマンションをリノベーション

続きを見る

 

何歳までに持ち家?成功する賢い選択

持ち家を購入する「ベストな年齢」というのは、一概には言えません。

なぜなら、個々人のライフスタイル、財政状況、キャリアプラン、家族計画など

多岐にわたる要因によって大きく変わってくるからです。

 

一般的には、安定した収入があり、長期のローン返済計画を立てることができる状態であれば、

持ち家を検討するのに適していると言えるでしょう。

また、家族を持つ予定がある場合には、子どもの教育環境などを考慮して購入を決める方も多いです。

 

日本では、20代後半から30代で持ち家を購入する人が多い傾向にありますが、

あくまで一つの目安です。

最近では、ライフスタイルの多様化に伴い、40代や50代で初めて家を購入する人も増えています。

また、若いうちに無理をして購入するよりも、

十分な資金計画を立ててから購入することが、経済的なリスクを避ける上で重要です。

 

結局のところ、年齢よりも、個人の準備が整っているかどうかが、

持ち家を購入するタイミングを決める最も重要な要素と言えます。

 

家を買うための年収は?

家を買うための適切な年収は、物件価格や購入に際しての自己資金、

そしてその他の生活費や将来の計画によって大きく変わります。

一般的な目安としては、物件価格が年収の5倍から7倍程度であることが望ましいとされていますが、

これはあくまで一つの基準です。

住宅ローンを組む際には、返済額が月収の25%から30%を超えないようにするのが一般的な理想とされています。

これは、返済負担が大きくなりすぎて日々の生活に支障をきたさないようにするためです。

しかし、貯蓄の額や他の支出、ライフスタイルによっても変わるため、

個人の状況に合わせて検討する必要があります。

 

また、住宅を購入する際には、物件価格の他にも諸経費(登記費用、仲介手数料など)や、

リフォーム費用、家具・家電の購入費用なども考慮に入れる必要があります。

これらの追加費用も含めて、総合的な財務計画を立てることが重要です。

よって、「家を買うための年収」という一口に言えない要素が多く、個々の金融資産の状況や物件価格、

そして自己資金の額などによって異なります。

 

まとめ

持ち家を「デメリットだらけ」とする意見は、

高い金銭的負担、メンテナンスの必要性、固定資産税の支払い、

住み替えの困難さ、そして精神的な圧迫感が主な理由です。

一方で、失敗しないためには、自分のライフスタイルや将来の計画を慎重に考慮し、

長期的な金融計画を立てることが重要です。

また、家の維持管理にかかるコストや時間、将

来の不動産市場の動向をリアルに把握することが求められます。

持ち家を購入する際には、これらのポイントを念頭に置き、慎重な判断が必要と言えるでしょう。

-リフォーム体験談