管理会社社員語る

敷金とクリーニング代両方払うことはある?違いは?相殺できるの?退去時クリーニング費用が高いのはなぜ?

本ページはプロモーションが含まれています

敷金とクリーニング代、両方を支払うことはありえる話です。

敷金は賃貸契約時に支払う保障金の一種で、

クリーニング代は退去時に発生する清掃費用です。

敷金とクリーニング費用には明確な違いがあり、

相殺される場合もあれば、別々に請求されることもあります。

なぜ退去時のクリーニング費用が高くなるのか、

また、費用を抑える方法について知りたい方は、ぜひ続きをご覧ください。

 

敷金とクリーニング代を両方支払ことはある?違いは?

賃貸物件に入居するときには、多くの初期費用が発生します。

これらの中で「敷金」と「クリーニング代」は、よく耳にする費用ですが、

これらはそれぞれ異なる目的で支払われるものです。

状況や契約内容によっては、両方を支払う必要がある場合もありますが、

基本的に役割としては別々に考えられます。

 

敷金とは、入居者が賃貸物件を使用する際に大家や管理会社に対して預ける保証金のこと。

一方、クリーニング代は、入居者が退去する際に部屋を清潔な状態に戻すための費用です。

下記で敷金とクリーニング代の違いを解説します。

敷金とは?

敷金は、入居者が物件を使用する過程で発生した損害や、

家賃の滞納があった場合の担保として大家や管理会社に預けられる保証金です。

敷金は、退去時に物件の状態に合わせて一部または全額が返還されることがあります。

 

クリーニング代とは?

クリーニング代は、入居者が退去する際に、

物件をきれいな状態に戻すためにかかる費用です。

この費用は、通常は敷金とは別に支払われ、退去時に物件の清掃を行うために使用されます。

クリーニング代の支払いに関しては、契約時に退去時のクリーニングが入居者の責任であるかどうか、

明記されているかを確認することが大切です。

また、クリーニング代が契約時に前払いとして徴収されることもあります。

 

敷金とクリーニング代の違い

敷金は契約時に一括で支払います。

一方、クリーニング代は退去時に精算することが一般的ですが、

物件によっては入居時に先払いとして支払うこともあります。

契約内容を確認することが大切です。

 

敷金とクリーニング代を両方を支払う必要はあるのか?

基本的には、「敷金」と「クリーニング代」は、目的が異なるため、

物件の契約の際には、それぞれ支払う必要があります。

契約内容によっては、敷金から一部クリーニング費用が差し引かれることもありますが、

これは物件や管理会社によって異なります。

 

敷金からクリーニング代はいくら引かれる?相殺できるの?

賃貸物件を退去する際に生じるクリーニング代と敷金の関係性について、

具体的なクリーニング代の金額や相殺の可否は主に契約内容によって大きく異なります。

1Kやワンルームの物件だと15,000~35,000円(税別)程度が多いのではないでしょうか。

30㎡以上になると25,000円以上になることが多いです。

契約書に記載があるはずなので確認してみましょう!

もしない場合は、管理会社に問い合わせてみましょう。

 

クリーニング代と敷金は相殺できる?

通常、敷金は退去時の物件の修繕費用や欠損があった場合に使用され、

クリーニング代も敷金から差し引きして返還されることが多いです。

ただし、敷金との相殺の可否は物件や管理会社、契約内容によります。

例えば、

家賃6万円の物件に住んでいて、クリーニング代が33,000円と契約書に記載がある。

敷金が1か月だと、

60,000円 - 33,000円 = 27,000円

27,000円が返金されると見込まれます。

ただし、退去立会いをしてお部屋の中の状態をみて、

入居者さんの故意・過失で汚れたり壊れたりした場所がない場合です。

お部屋の状態が悪いと追加で修理費用を取られますので、

必ずしも敷金返還があるとは限らないので注意しましょう。

敷金の返還に関しては、退去時に物件の状態をチェックし、

大家や管理会社と精算を行います。

退去時の物件の状態によっては、全額返還されないケースもありますので、

入居中は物件を丁寧に扱うことが重要です。

 

また、礼金は、大家さん(もしくは管理会社)の収入です。

入居者さんからみると、礼金はあげてしまったものなので、

返ってくることはありません。

クリーニング代とも相殺できません。

 

退去時のクリーニング費用が高いのはなぜ?

退去時のクリーニング費用が一般的に高額な理由と、

それを抑えるための対策について探りましょう。

クリーニング費用が高くなる背景には、物件の広さ、

使用されている材質、汚れの程度など複数の要因が関係しています。

クリーニング費用が高くなる主な理由

  1. 物件の広さと構造: 物件が広ければ広いほど、また複雑な構造をしていると、クリーニングに要する時間が長くなり、それだけ費用も高くなります。
  2. 汚れや損傷の程度: カビやタバコのヤニ、キッチンの油汚れ、壁紙や床の損傷など、通常使用を超える汚れや損傷がある場合、復元や特殊なクリーニング技術が必要になるため、費用が高くなります。
  3. 使用されている材質: 畳やカーペット、フローリングの材質によっては特殊なクリーニング方法を要することがあり、それに伴い費用も増えることがあります。
  4. 地域による相場の差: クリーニング業者の相場は地域によって大きく異なります。大都市圏では、一般的に費用が高くなる傾向があります。

クリーニング費用が高額にならないための対処法

  1. 日頃からの清掃を心がける: 入居中からこまめに掃除を行うことで、退去時のクリーニング費用を抑えることができます。
  2. クリーニング費用の明示を確認: 契約時にクリーニング費用の詳細を確認し、契約書に明記されていることを確認します。
  3. 自分で行えるクリーニングをする: 費用を抑えたい場合、自分でできる部分のクリーニングを事前に行っておくと良いでしょう。

退去時のクリーニング費用が高額になるのは、さまざまな要因が絡んでいますが、

日頃からの清掃や契約時の確認、

自分でできるクリーニングを事前に行うことで費用を抑える努力が可能です。

敷金ゼロの場合クリーニング代はどうなる?

敷金ゼロで契約した物件におけるクリーニング費用の取り扱いは、

物件や契約の内容によって異なりますが、いくつかの一般的なケースを紹介します。

 

特約でクリーニング費用を定める

敷金がない物件では、退去時にクリーニング代が別途請求される場合があります。

この金額は、契約時や物件紹介時に説明されることが多いです。

たいてい、契約の特約事項で「退去時にクリーニング費用〇〇円を支払うものとする。

と言った文言が入っています。

 

クリーニング代の前払い

賃貸契約時にクリーニング代を前払いとして支払うケースもあります。

敷金とも礼金とも違いますが、入居時に3万円程度支払うといったケースです。

この場合、退去時に追加的なクリーニング費用の請求はないか、確認しておきましょう。

 

敷金ゼロ・クリーニング費用もゼロ

とってもまれですが、

クリーニング代も大家さんが負担するので、

入居者様はまったく負担なしで、入居できますよ!という物件もあります。

全くクリーニング代がかからないのでお得に見えますが、

もしかしたら鍵交換費用や他の費用が高かったりして…というケースもあるかも?

ゼロゼロ物件は最近は一般的になってきましたが、

長期にわたって空室になっている人気のない物件のケースもあるので

気を付けましょう。

 

まとめ

敷金は契約時に貸主に預ける保証金で、クリーニング代は退去時に発生する清掃費用です。

敷金とクリーニング代は本質的に異なり、

敷金は退去時の原状回復を目的としたものであり、

クリーニング代は物件を次の入居者が快適に使えるよう清潔に保つためのものです。

敷金には返還の可能性がありますが、

敷金からクリーニング代などの費用が差し引かれることが一般的です。

退去時にクリーニング費用が高くなる原因には、

物件の汚れが激しい場合や、特殊な清掃が必要となる場合があります。

敷金とクリーニング代は相殺されることも可能ですが、具体的な取り決めは契約内容によります。

-管理会社社員語る