管理会社社員語る

不動産の内覧後に他社で決めた場合の断り方!メールの断り方も例文付きで解説

2023-08-16

本ページはプロモーションが含まれています

不動産の内見をいくつかいろんな会社で決めたけど、1つに決めることができた!

他の会社にどのように断るか、適切な断り方を知ることは重要です。

しかし、どのように丁寧に断るか悩む人も多いことでしょう。

この記事では、不動産の内覧後に他社の物件を選ぶ場合の適切な断り方を詳しく解説します。

メールでの断り方についても具体的な例文を交えて紹介し、プロなコミュニケーションの方法を伝えます。

記事を読むことで、他社不動産を選ぶ際の断り方に迷わず、

感謝と尊重の気持ちを伝えながら関係を良好に保つ方法を学ぶことができます。

また、メールでの断り方のテクニックを習得し、スキルアップにも役立てることができます。

きちんと断らないと、不動産会社から電話がしつこい!ってなりますので面倒でもきちんと行ってくださいね。

 

 

引越しが半額以下に!?引越し侍はこちら>>

 

不動産の内見後他社で決める場合の断り方とは?ステップバイステップで解説

  1. 他社不動産を選ぶ決断
  2. 内見不動産の選定ポイントの再確認
  3. 断り方の重要性と影響

内見を終え、他社不動産会社を選ぶ決断をする際、適切な断り方が重要です。

この記事では、他社不動産を選ぶ際の断り方について、解説します。

他社不動産を選ぶ決断

他社の不動産を選ぶことは、慎重な判断が求められます。

内見後、自分の必要なことと条件を再確認し、最終的な選択をする際には、納得感を持つことが大切です。

 

内見不動産の選定ポイントの再確認

他社不動産を選ぶ前に、内見時に重要視したポイントを再確認しましょう。

予算、立地、設備などの条件が、なお選択の根拠となります。

 

断り方の重要性と影響

他社不動産会社を選ぶ際の断り方は、

今後のしつこい営業電話がかかってくるかどうかや

あなた自身の信頼に影響を及ぼす要素です。

近所の不動産屋同士が仲が良い場合もあり、あのお客さんは態度が良くない…などと話題にならないようにしましょう。

丁寧な断り方を心掛けることで、ポジティブな印象を残し、将来的にまた引っ越しが必要な時への可能性が広がります。

 

他社不動産を選ぶ際の内見業者への断り方とマナー

内見業者への断り方にも注意が必要です。失礼のないようなコミュニケーションを心掛けましょう。

 

内見業者への正直な意思表示は大切

内見業者に対しては、正直な意思表示が求められます。

的確な情報提供と感謝の意を忘れずに伝えることが大切です。

きちんと伝わらないとしつこく電話がきてしまうかも・・・・(;'∀')

 

断り方のポイントと失礼のない表現

断り方の際には、失礼のない表現が重要です。

相手の労力を認めつつ、丁寧に断ることで、信頼関係を保ちます。

相手は人形ではなく「人」です。

 

 

引越しが半額以下に!?引越し侍はこちら>>

 

別の不動産会社を選んだ際の丁寧なメールでの断り方のポイント

他社不動産を選択した際、丁寧な断り方を構築するためのポイントを見ていきましょう。

また、具体的なメール例文も載せます。

メールでの断り方の特徴とメリット

メールは、落ち着いて理由や意思を伝える手段として適しています。

言葉を選び、文面を練ることで、相手に適切な情報を伝えることができます。

 

ポジティブな印象を残すための断り方

断り文は、ポジティブで感謝の意を示す表現を心掛けましょう。

相手の努力やご案内に感謝の気持ちを伝え、良好な印象を与えることが重要です。

 

丁寧な表現と具体的な理由の提供

丁寧な表現を用いて、具体的な理由を提供することで、相手に納得感を与えましょう。

具体性があることで、あなたの選択がゆるぎないものなのだと印象付けます。

 

不動産内見後の他社断り方のためのメール例文

内見業者への適切な断り方をするために、テンプレートの利用が役立ちます。

以下に、内見業者への断りメールのテンプレートを書きます。

このテンプレートを元に、自身の状況に合わせてカスタマイズしてみてください。

 

実際に使えるテンプレート 1つめ

件名: ご提案いただいた不動産について

○○不動産 ●●様

お世話になっております。

△△(あなたの名前)と申します。

このたびは、お世話になり、内見を実施させていただきましたこと、心より感謝申し上げます。

ご提案いただいた不動産について真摯に検討し、その後、他の物件を選ぶ決断を致しましたことをお知らせ申し上げます。

ご案内いただいたこと、深く感謝いたします。

私の今後の不動産選定・引っ越しにおいても、ご提案いただいた条件やアドバイスを参考にさせていただく予定です。

引き続きのご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

△△(あなたの名前)

 

実際に使えるテンプレート 2つめ

件名: ご提案いただいた物件について

○○不動産 ●●様

お世話になります。△△(あなたの名前)と申します。

まず初めに、ご提案いただいた物件に対する内見のご案内、誠にありがとうございました。

大変検討を重ねました結果、別の物件を選ぶ決断を致しましたこと、お知らせ申し上げます。

ご提供いただいた情報やご案内に心より感謝しております。

他の物件を選ぶことになった理由は、(ここに具体的な理由を記述)です。

この決断は私の将来のニーズと照らし合わせ、よく考えた結果です。

引き続きのご繁栄をお祈り申し上げます。

△△(あなたの名前)

 

------ここまで--------

このテンプレートを利用する際には、選んだ別の物件に関する具体的な理由を丁寧に記載しましょう。

その他の要素も、自身のスタイルや状況に合わせて調整してください。

このテンプレートは、あくまで参考として利用してください。内見業者との関係性や状況に合わせて微調整することで、あなたらしい伝え方ができるでしょう。

以上のテンプレートを参考に、内見業者への断り文をカスタマイズして、

相手に丁寧な意思表示と感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。

 

引越しが半額以下に!?引越し侍はこちら>>

 

個人的な要素を加えたカスタマイズの方法

テンプレートを使用する際に、個人的な要素を加えることで、より温かみのあるメッセージを伝えることができます。

以下にいくつかのカスタマイズ方法を紹介します。

  1. 共通の話題や趣味の言及: もしご提案いただいた内見業者と共通の話題や趣味がある場合、それをメッセージに取り入れてみましょう。共通の関心事を挙げることで、相手との共感を生み出します。
  2. 具体的な感謝の表現: どのような点で内見業者の助力を受けたかを具体的に挙げ、感謝の気持ちを表現しましょう。具体的な出来事や提供された情報に触れることで、感謝がより真摯なものとなります。
  3. 挨拶や敬意の表現: 実名での挨拶や敬意の表現を加えることで、メールがより個人的なものとなります。相手の名前を使ったり、丁寧な言葉遣いを意識することで、温かな印象を与えることができます。

以上の方法を活用することで、テンプレートをカスタマイズし、

内見業者に対してより深い感謝の気持ちや意思を伝えることができます。

カスタマイズの際には、相手との関係性やあなたのスタイルに合わせて、

適切な言葉を選んでみてください。

 

テンプレートの使い方と注意点

テンプレートは便利なツールですが、適切に使用するためのポイントを理解することが重要です。

以下に、テンプレートの使い方と注意点を説明します。

テンプレートの使い方

カスタマイズ: テンプレートを使用する際には、必ず状況に合わせてカスタマイズしましょう。具体的な理由や感謝のポイントを追加し、相手に対する個人的な要素を取り入れることで、メッセージがより温かみを持ったものになります。

自然な流れ: テンプレートを使っていることが感じられないように、文章全体の流れに注意を払いましょう。メッセージが自然に進行し、読みやすくなるように工夫しましょう。

感謝と尊敬の表現: メッセージの中で、内見業者に対する感謝の意と尊敬の念をしっかりと表現しましょう。丁寧な言葉遣いや感謝の言葉が、メッセージのトーンを設定します。

 

テンプレートの注意点

複製の避け方: 他の人と同じテンプレートを使う可能性があるため、自分のメッセージを他と差別化するために、カスタマイズを行うことが重要です。個性的な要素を加えることで、他とは違うメッセージを伝えることができます。

感情のバランス: 感謝の意を伝える一方で、断る理由に関しては冷静で誠実な表現を心掛けましょう。感情的にならず、事実を伝えることが大切です。

読み手の視点: 相手の不動産会社の立場から読むことで、メッセージの効果や受け取り方を確認しましょう。相手がどのような感情を持つ可能性があるかを意識することで、メッセージを調整することができます。

 

テンプレートの使い方と注意点を理解し、カスタマイズする際にこれらの要素を考慮することで、内見業者に対して効果的な断り文を伝えましょう。

 

引越しが半額以下に!?引越し侍はこちら>>

 

他社不動産会社を選ぶ際の電話での断り方と注意点

 

ここでは電話での断り方をお話しします。

適切な声のトーンとコミュニケーションのコツを見ていきましょう。

 

電話での断り方の際のコツ

電話での断り方では、明確で分かりやすいトーンを心掛けます。

焦らず、相手の反応を尊重することが重要です。

 

クリアな声で伝えるためのポイント

声のクリアさは伝える意志を強調します。

ゆっくりとしたペースで、自信を持って別の物件に決め切ったことを伝えることがポイントです。

 

感謝の意を忘れずに伝える方法

断り方においても、感謝の気持ちを忘れずに伝えることが大切です。

内見させてくれた不動産会社が提供してくれた情報やご案内に感謝の意を表現しましょう。

その際、具体的な要素を挙げることで、相手にあなたの感謝が心からのものであることを伝えます。

 

引越しが半額以下に!?引越し侍はこちら>>

 

-管理会社社員語る