不動産投資

大家になるには?大家になる方法・サラリーマン大家の始め方!大家のリスクや悩みも紹介!

本ページはプロモーションが含まれています

大家になるためには特別な資格は必要なく、

基本的には物件を購入し、それを賃貸することで開始できます。

しかし、成功するには市場の調査や資金計画、物件選定など、

入念な準備が必須です。

サラリーマンでも不動産投資で副収入を得る方法や、

大家業におけるリスクや悩みの解決策など、

大家としての第一歩を踏み出すための知識を深めることが大切です。

この記事では、大家になる方法とサラリーマン大家の始め方、

さらには大家として直面するかもしれない悩みについて解説しています。

大家になるには?大家になる方法は?

大家とは、アパートやマンションなどの不動産を所有し、

それを他人に貸し出して家賃収入を得る人のことを指します。

一般的には「オーナー」や「家主」とも呼ばれます。

 

大家になるためには、不動産投資の基礎知識や市場の理解、

そして不動産を購入・運営するための資金計画が必要です。

特別な資格は必須ではありませんが、成功するためには綿密な計画と知識が欠かせません。

まずは不動産投資の本を10冊読んでからスタートしてくださいね!

不動産会社が書いたものではなく、大家さんが書いている本を読んでください

こちらもCHECK

no image
不動産投資を勉強できる本・おすすめできるバイブル本をご紹介!

続きを見る

 

まずは、戸建てを買うでも良いし、区分マンションを買うでもよし。

勉強を深めて、一棟アパートからスタートするのもよいでしょう。

私は、サラリーマン大家で不動産投資をスタートして、

区分マンションを最初は買いました。あまり儲からないですが、

空室リスクが低く、管理がラクでした。

 

大家になる手順

step
1
市場調査

不動産投資の可能性を探るための市場調査。

需要の高いエリアやターゲットとする入居者層のニーズを理解することが大切です。

 

step
2
資金計画

投資用不動産の購入や維持にかかる費用を計画すること。自己資金やローンの利用計画も含みます。

 

step
3
物件選定

収益を上げるための物件選定。

立地条件や建物の状態、価格帯を考慮して選びます。

 

step
4
物件の購入

市場調査と資金計画に基づき、不動産を購入。

契約書の内容を理解し、手続きを進めます。

step
5
入居者募集と管理

入居者募集のための広告活動や、契約時の対応。

賃貸管理では、定期的な物件のメンテナンスやトラブル対応が必須です。

 

大家になったら何をする?

大家になると、賃貸住宅を運営するうえで様々な役割が発生します。

これらは主に、入居者の管理、建物の管理、そして経営資金の管理です。

 

入居者の管理

  • 入居条件の設定: 家賃設定など入居条件の整備。
  • 入居者募集: 不動産会社や知人を通じた入居者の募集。
  • 契約手続き: 賃貸契約の締結とその管理。
  • 更新・退去の対応: 契約更新時の手続きや退去時の立ち合いと清算処理。

建物の管理

  • メンテナンス: 建物や設備の定期的なメンテナンスと修繕。
  • リフォーム: 長期的な資産価値を維持するためのリフォーム計画。
  • 清掃: 共用部分などの清掃維持管理。
  • トラブル対応: 入居者からのクレームや要望に対する対応。

経営資金の管理

  • 家賃の管理: 家賃の回収と入金確認。
  • 経営収支の管理: 賃貸経営の収支状況の把握と管理。
  • 税金・確定申告: 固定資産税の支払いや年末の確定申告処理。

 

上記の業務は、直接自分で行うか、手数料を支払って専門の管理会社や不動産会社、

税理士に委託することで対応することが可能です。

大家としての業務は多岐にわたりますが、

賃貸経営の成功にはこれらの業務を適切に行うことが非常に重要です。

 

 

大家のリスクは?

大家業では空室リスクや賃借人からのトラブルなど、様々なリスクが存在します。

これらのリスクを事前に考慮し、対策を講じることが成功への鍵です。

大家として成功するには、不動産市場の知識はもちろん、

運営やリスク管理に関する深い理解が必要です。

不動産投資を始める前に、十分な情報収集と準備を心がけましょう。

 

賃貸経営の主なリスク

  1. 借金の重荷: 物件の購入や運営に多額の借入金が伴うことで、返済が難しくなるリスク。
  2. 空室リスク: 賃貸需要の減少や立地の問題により、入居者が見つからず収入が減少する。
  3. 老朽化リスク: 建物の老朽化によるリフォーム費用の増大や、空室率の上昇。
  4. 入居者トラブル: クレームや賃料の滞納、夜逃げなど入居者由来の問題。

 

 

リスク回避のための対策

  1. 財務計画の見直し: 過剰な借入を避け、安定した財務基盤を構築する。
  2. 物件と立地の選定: 需要が見込める立地や、将来的にも価値が保持されやすい物件の選定。
  3. 定期的なメンテナンス: 老朽化防止のための定期的なメンテナンスと、リフォーム計画の策定。
  4. 入居者管理の強化: 入居審査の徹底や、賃料滞納への速やかな対応。

大家としてのリスクを減らすには、事前の準備と適切な管理がカギです。

賃貸経営に慣れていない場合は、専門の不動産会社や管理会社と連携し、

適切なアドバイスを得ることも有効な手段となります。

賃貸経営は長期的な視点で対応することが大切ですので、リスクへの備えをしっかりと行いましょう。

 

大家の悩みのランキングは?

大家さんが抱えるさまざまな悩み、

その中でも特に共通する大きな悩みをランキング形式でご紹介します。

不動産経営をする上で、これらの悩みへの対策をしっかり考えることが成功のカギとなります。

 

大家さんの悩みベスト10

  1. 空室リスク: 入居者がいないと収入が得られない、最も共通する悩み。
  2. 次の不動産投資: 新たな投資先の選定やタイミングの見極め。
  3. マンション居住者のトラブル: 入居者間のトラブルや管理上の問題。
  4. 建物の経年劣化: 時間が経つにつれて起こる物件の老朽化に関する悩み。
  5. 設備のトラブル: 水道、電気などの生活設備に関するトラブルや故障。
  6. 相続の問題: 物件を相続する際の法律的な問題や手続き。
  7. 退去時のトラブル: 入居者が退去する際の損傷や清算に関するトラブル。
  8. 動植物のトラブル: 害虫や野生動物による被害、植物の管理問題。
  9. 近隣トラブル: 近隣住民との騒音やトラブル。
  10. 地震・事故: 自然災害や事故による物理的な被害。

これらの悩みに対しては、事前のリスク管理や適切な保険加入、

管理会社との連携強化など、さまざまな対策が考えられます。

特に空室リスクに関しては、物件の魅力向上やマーケティング戦略の見直しも重要となります。

大家さんとして悩みはつきものですが、計画的に対策を取ることで、安定した不動産経営が実現できるでしょう。

 

大家さんの年収はいくらですか?

大家さんの年収は物件の立地、規模、運営方法などにより大きく変わりますが、

国税庁の調査に基づく平均所得は「521万円」です。

ただし、これはあくまでも平均であり、実際の年収は様々です。

所得分布: 年間所得300~500万円の人が最も多く、次に500~1000万円の人が多いです。

1000万円超の人は全体の10%程度。

ただし、所得ベースなので、サラリーマンの手取りとは大幅に違ってきます。

サラリーマンは

給与ー税金=手取り ですが、

 

大家さんは

家賃収入ー経費=所得 として計算しています。

つまり、不動産事業で使った経費を差し引いた後の金額を書いています。

 

まとめ

大家になることは、誰でもできますが、成功するためには適切な知識と準備が必要です。

不動産を購入して賃貸することで、追加の収入源を得ることができ、経済的な安定につながります。

サラリーマンであっても、副業として大家業を始めることが可能ですが、

始める前には市場調査や資金計画、物件選定などを慎重に行うことが大切です。

また、大家業にはリスクや悩みも伴います。

賃貸経営の成功は、情報収集や勉強によって得られる知見が鍵となります。

大家になるための第一歩を踏み出す前に、しっかりとした計画と準備をすることが重要です。

-不動産投資