不動産投資

マンションを賃貸に出すと手取りはいくら?利益はある?デメリットは?住宅ローンはどうなる?

2024-03-23

本ページはプロモーションが含まれています

マンションを賃貸に出すことは、家賃収入を得る手段として魅力的ですが、

手取り収入、利益、デメリット、住宅ローンの影響など、考慮すべき点が多数あります。

この記事では、これらの要素を詳しく解説し、

マンションを賃貸に出す際の実際の手取り額や、

利益を最大化する方法、注意すべきデメリット、

住宅ローンがある場合の対応策について掘り下げていきます。

賃貸経営を成功させるためのポイントを押さえ、

より良い選択をするための情報提供します。

 

マンションを賃貸に出すと手取りはいくら?

マンションを賃貸に出す際の手取りは、物件の場所、サイズ、状態などによって大きく異なりますが、

一般的なケースをいくつか紹介しますね!

日本での一般的な手取り例

例:

  • 月額賃料が14万円の場合
  • 管理費・修繕積立金:毎月3万円
  • 固定資産税:年間6万円⇒月額5000円
  • ローン返済:毎月6万円(※残っている場合)

手取り⇒45,000円

年間手取り金額⇒54万円

 

賃貸に出す際の手取りは、ローン返済額や経費を差し引いた後の金額であり、

物件の購入価格や管理費用、修繕費用などによって変動します。

また、地域や市場の状況によっても大きく変わるため、

具体的な数字を出すときには、複数の専門家の意見を聞くことをお勧めします。

 

マンションを賃貸に出すと利益は残る?

マンションを賃貸に出すことで利益を得ることは可能ですが、

利益は物件の場所、状態、市場の状況、そして経費によって大きく変わります。

利益を得るためのポイント

  • 家賃収入: マンションを貸すことによって得られる家賃収入は、その物件の主な収益源です。家賃の設定は市場の需要と供給によって決まります。
  • 経費の管理: 管理費や修繕費、税金などの経費を適切に管理することが重要です。これらの経費が収入を上回らないように注意が必要です。

注意

  • 税金の増加: 家賃収入が増えると、所得税や住民税などの税金が増える可能性があります。税金の計算方法や節税対策について理解しておくことが大切です。また、毎年確定申告をしなければならなくなります。
  • 空室リスク: マンションが空室の状態が続くと、収入が途絶えるだけでなく、維持管理費用が負担となります。立地や物件の魅力を高めることで、このリスクを軽減できます。

マンションを賃貸に出すことで利益を得ることは可能ですが、

成功するためには適切な家賃設定、経費の管理、税金対策、そして空室リスクの管理が重要です。

物件を賃貸に出す前に、これらの要素をしっかりと検討し、

必要であれば不動産専門家のアドバイスを求めることをお勧めします。

 

家賃収入の手取りの計算方法は?

家賃収入から手取り額を計算するには、

家賃収入からローン返済額、税金、経費を差し引いたものが手取り額となります。

マンションの場合、経費には管理費や修繕積立金も含まれます。

 

家賃収入から手取りを計算するステップ

1.家賃収入の確認

まず、毎月どれくらいの家賃収入があるかを確認します。自分の理想ではなく、suumoやat homeできちんと市場調査をしましょう。わからなければ、近隣の不動産屋に行って、家賃相場を聞きましょう。家賃の計算が大幅に違うと利益の計算が正しくできません。

 

2. 経費の計算

管理費や修繕積立金、その他の経費を家賃収入から差し引きます。

もし物件購入のためのローンがある場合は、その返済額も差し引きます。

所得税や住民税など、税金も手取り額から差し引かれる要素です。

注意

  • 税金の影響: 手取り額を計算する際には、所得税や住民税などの税金の影響を考慮する必要があります。税金は不動産所得をベースに計算され、所得控除後の課税所得に税率を適用して算出されます。
  • 経費の割合: マンション経営にかかる経費の目安は家賃収入の15〜20%程度とされています。例えば、設備として提供しているエアコンに不具合がある、水栓に不具合がある、トイレが流れにくい等…そういったトラブルが発生した際の業者さんにみてもらう修繕費等も考慮しましょう。自分で管理できない場合、管理会社をいれると、さらに経費がかかります。

家賃収入から手取り額を計算する際には、家賃収入だけでなく、

経費、ローン返済額、税金などを正確に把握し、差し引く必要があります。計算方法を理解し、

適切な資金計画を立てることが大切です。📊📝

 

 

 

マンションを賃貸に出すデメリットは何ですか?

住宅ローンは?

マンションを賃貸に出す際には、多くのメリットがありますが、

同時にいくつかのデメリットも存在します。

下記のデメリットも理解し、対策を講じることが重要です。

  1. 費用がかかる: マンションを賃貸に出す際には、広告費や仲介手数料などの初期費用がかかります。また、入居者が決まった後も、管理費や修繕積立金などの維持費が発生します。
  2. 物件の管理に手間がかかる: 入居者からの問い合わせ対応や、設備の故障時の修理対応など、物件の管理には手間がかかります。
  3. 空室リスクがある: 市場の状況や物件の立地、条件によっては、空室期間が長引くリスクがあります。空室期間中は家賃収入が得られないため、経済的な負担が増加します。
  4. トラブルのリスクがある: 入居者との間でトラブルが発生する可能性があります。例えば、家賃の滞納や物件の破損などが挙げられます。
  5. 築年数の経過で価値が低下: マンションの築年数が経過すると、物件の価値が低下する可能性があります。これは、賃貸に出している場合でも同様です。

マンションを賃貸に出す際には、これらのデメリットを十分に理解し、

適切な対策を講じることが大切です。

例えば、物件管理会社に管理を委託することで、管理の手間を軽減することが可能です。

また、物件の魅力を高めるリフォームや、適切な価格設定によって空室リスクを減らすことも重要です。

 

マンションを賃貸に出すと住宅ローンはどうなる?

マンションを賃貸に出す際、多くの所有者が気になるのは住宅ローンの扱いです。

基本的に、住宅ローンが残っている状態でもマンションを賃貸に出すことは可能ですが、

金融機関によって対応が異なるため、事前に相談することが重要です。

無断で賃貸に出した場合、契約違反とみなされ、

住宅ローンの一括返済を求められる恐れがあります。

賃貸に出す前には、金融機関に相談し、必要な手続きを踏むことが推奨されます。

 

賃貸に出すことはできる?

住宅ローンが残っていても、金融機関との相談により賃貸に出すことは可能です。

事情によって判断されるでしょう。

ただし、金融機関によって対応が異なるため、事前の相談が必須です。

 

金融機関に無断での賃貸に出してしまう

無断でマンションを賃貸に出した場合、契約違反とみなされ、

住宅ローンの一括返済を求められる恐れがあります。

 

金融機関への相談の重要性

住宅ローンを組んでいる金融機関に賃貸化の意向を伝え、

相談することで、賃貸住宅向けのローンへの切り替えや、融資条件の変更などの手続きが可能になります。

また、融資条件の変更により、変更手数料や金利があがることも

経費として考えておいた上で、賃貸に出すか考えましょう。

 

手続きの必要性

賃貸に出す前には、金融機関との正式な手続きを行うことが必要です。

これにより、契約違反を避け、安心して賃貸経営を行うことができます。

マンションを賃貸に出す際は、住宅ローンの扱いに注意し、

金融機関との事前の相談が非常に重要です。

無断で賃貸に出すことは避け、適切な手続きを踏むことで、

安心して賃貸経営を行うことができます。

賃貸化を検討している方は、まずは金融機関に相談してみましょう。

 

まとめ

マンションを賃貸に出すと、手取り収入は、

賃料から管理費や修繕積立金・ローン返済額を差し引いた金額になります。

利益が出るかは、賃料設定やローンの残高、物件の状態により異なります。

デメリットとしては、空室リスクや入居者からのクレーム、物件の価値低下などが考えられます。

住宅ローンが残っている場合でも賃貸に出すことは可能ですが、

金融機関によっては賃貸に出すことを条件とした特約があるため、事前に相談が必要です。

賃貸に出すことで得られる収入は、ローン返済の助けになる一方で、適切な管理が求められます。

-不動産投資