リフォーム体験談

住宅ローン審査落ちた体験談ブログ|審査が通らない驚きの理由と最終手段は?

本ページはプロモーションが含まれています

「住宅ローン審査落ちた体験談」を読みに来られたということは近しい境遇にいますか!?

当ブログ記事では、審査に通らなかった理由と、審査に落ちて、立ち向かった最終手段をリアルに共有します。

驚くべきは、審査が通らない理由が思いもよらぬ箇所に隠されていること。

解決策は、自分の状況を冷静に分析し、可能性を探ることにあると学びました。

審査結果に絶望せず、前向きなアクションを取るための参考資料として活用してください。

 

 

住宅ローンに審査に落ちた体験談

住宅ローンの審査に落ちた体験談をいくつか紹介します。

それぞれの事例では、審査に落ちる理由と、それからどう立て直したのかが具体的に説明されています。

 

一つの例としては、勤続年数不足によるものが考えられます。

ある人は、転職したばかりで勤続年数が短かったため、一度は審査に落ちてしまいました。

しかし、仕事に定着し、勤続年数を増やすことで信用力が上がり、再度ローンを申請したところ、成功したという事例があります。

 

他には、毎月の返済能力を越える金額のローンを申請したケースもあります。

あるカップルは、自分たちの年収を見誤り、毎月の返済金額を上回るローンを申請してしまいました。

しかし、その後、自分たちの収入と出費について再評価し、

適切な金額のローンを再申請した結果、承認されたという経験があります。

 

私たちの体験談は、

1回目、投資物件を購入直後でオーバーローンで、すぐに組むことが難しかった。

2回目、夫が自営業で確定申告の際に不備があった。修正申告すれば購入可能と言われたが、現実的ではなかった。

3回目、ようやくローン審査通過。

自宅を購入するまでに、最初に検討をはじめてから7年かかっています!!!

 

体験談から学べることは、住宅ローンは勤務状況や個々の返済能力に大きく左右されること、

失敗から学んで新たなアプローチを試す意欲が重要であることです。

 

住宅ローン審査に落ちた理由は教えてくれない?

住宅ローンの審査に落ちた理由は金融機関から直接教えてくれるわけではないことが一般的です。

しかし、落ちた理由のヒントは、審査基準から読み解くことができます。主な理由として以下が考えられます。

  1. 信用情報に問題がある:クレジットカードの審査に落ちた経験がある場合や、各種ローンの返済遅延があった場合、信用情報機関に記録され、それが住宅ローンの審査に響く可能性があります。
  2. 収入が不安定である:契約社員やフリーランス、または転職直後など、収入が安定していない場合、確実に返済できると判断できないと金融機関は見なします。
  3. 高額な借入額:年収の何倍もの借入を申し込むと、返済能力を超えていると判断されてしまいます。
  4. 借入期間が長すぎる:借入期間が長すぎると、特に高齢者では返済完了時に生存しているかが不確定となるため、審査が厳しくなる可能性があります。

以上のような要因が、住宅ローン審査に落ちる一般的な理由となります。

改善すれば、次回の審染に通る可能性が高まります。

 

 

住宅ローン審査が通らない驚きの理由

住宅ローンの審査が通らないとき、往々にして収入や信用情報といった一般的な理由が挙げられますが、以下にいくつかの驚きの理由を示します。

  1. 勤務先の業種:金融機関はリスクを最小限に抑えるため、個人だけでなく、借り手の勤務先にも注意を払います。一部の不安定と考えられる業種、例えば、中小企業にお勤めの方、景気や気候の影響を大きく受ける可能性がある業界では、審査が厳しいことがあります。
  2. 保証人がいない:一部の金融機関では、住宅ローンに対して保証人の存在を求めることがあります。これは予期しない理由で自己破産や返済不能になった際の保険のようなものであり、保証人がいない場合は審査が通らない場合もあります。
  3. 連帯債務者:あなたが他人の連帯債務者になっている場合、金融機関はそれをリスクと見なす可能性があります。つまり、連帯保証人が債務不履行になった場合、返済負担があなたに及び、あなた自身のローン返済能力に影響する可能性があるからです。

これらのような理由は一般的ではありませんが、

住宅ローンの審査が通らない可能性があるということを覚えておくことは重要です。

 

住宅ローン審査に落ちたらどうする?

住宅ローンの審査で落ちてしまった場合、

落ち込むのではなく再審査や他の金融機関への申し込みを考えることが重要です。

以下、その際の対策となるアクションをいくつか挙げてみます。

  1. 原因の洗い出し:まず、審査に通らなかった可能性のある原因を洗い出しましょう。収入が不透明だったり、信用情報に問題がある場合などが考えられます。
  2. 状況の改善:可能であれば、審査に通らなかった原因を改善する努力を尽くしましょう。例えば、収入が不安定であれば安定した収入を得るためにフルタイムの仕事を探す、信用情報を改善するために遅延している借入金の返済を行うなどです。
  3. 他の金融機関の選択:全ての金融機関が同じ審査基準を持っているわけではありません。一つの金融機関で審査に落ちた場合、他の金融機関が異なる審査基準を持っていたり、より寛大だったりすることがあります。
  4. ローンの額や条件を見直す:ローンの額が大きすぎた、または返済期間が長すぎた場合、ローンの額を減らすか、返済期間を短くするといった条件の見直しをすると、改めて審査に通る可能性があります。

上記の対策を講じることにより、住宅ローンの審査に再度チャレンジできます。

失敗から学ぶことが大切ですので、前向きに次のステップを考えてみましょう。

住宅ローンに落ちて夫婦ケンカをしている場合ではありません!転んでも起き上がりましょう!

 

住宅ローン審査に通らないときの最終手段

住宅ローンの審査に何度も通らない場合、以下のような最終手段が考えられます。

  1. フラット35:民間金融機関と住宅金融支援機構の共同融資制度である「フラット35」は、一部の条件を満たすことで利用できます。金利が35年間固定され、金利上昇リスクからも守られますが、変動金利よりはやや高め。審査が甘めなので自営業のひとにおすすめ!
  2. 賃貸からのスタート:一時的に賃貸住宅を選び、購入資金の準備や信用情報の改善、安定した収入の確保に努めることも一つの手です。

金融機関の審査基準は厳しいものですが、上記のような手段を利用することで住宅購入の夢を追い続けることができます。

一人で悩まず、専門家にアドバイスを求めることも大切です。

ただし、アドバイスしてもらう人は不動産購入について利害関係のない人をおすすめします。

(不動産屋は絶対相談しちゃダメ!)

 

まとめ

住宅ローンの審査が通らない場合、まずは落ち込まず原因を洗い出すことが大切です。

収入の安定化や信用情報の改善など対策を講じて、状況を改善しましょう。

金融機関により審査基準は異なるため、他の金融機関への申し込みも一つの選択肢です。

 

最終手段としては、フラット35やとりあえず賃貸に住みつつ購入資金の準備や信用情報の改善に努めることをおすすめします。

今すぐ住宅が買えなくてもまた良い物件は出てきます!

絶望せずに、できることをコツコツしましよう。

不動産屋でも賃貸か、購入かどっちがお得かは永遠に考え続けています。

 

金融機関の審査に通らない場合でも、さまざまな選択肢があるため、あきらめずに住宅購入の夢を追い続けましょう。

-リフォーム体験談