管理会社社員語る

不動産管理はきつい?不動産管理会社の仕事内容と向いている人・不動産屋との違いを解説!

2021-10-11

本ページはプロモーションが含まれています

不動産管理の仕事は多岐にわたり、

管理業務の複雑さやトラブル対応のストレスから「きつい」と感じることもあります。

しかし、対人スキルや組織力があれば克服可能です。

この記事では、不動産管理会社の極めて要求の高い業務内容、

向いている人物像、

そして一般的な不動産屋との明確な違いについて深く掘り下げていきましょう。

 

不動産管理はきつい?

不動産管理がきついと感じるかどうかは、その業務内容や個人の能力、対応力に依存しますが、

以下の点に注意して具体的に説明します。

  1. 多岐にわたる業務: 不動産管理では、入居者からの問い合わせ対応、設備の修繕管理、家賃の徴収、契約更新、退去時の手続きなど、多くの業務が発生します。これらは同時進行することも珍しくなく、業務の多忙さがきつさを感じさせる一因となり得ます。
  2. 対人スキルの要求: 入居者や物件所有者、業者とのコミュニケーションは不動産管理において欠かせません。交渉力や協調性、時には苦情対応も求められ、ストレスに感じる人もいます。
  3. 緊急対応の必要性: 水漏れや停電などの緊急事態が発生した際には、迅速な対応が必要です。想定外の事態に柔軟に動ける能力が求められ、精神的にきつい場合もあります。
  4. 法律や制度の理解: 不動産管理には法律や条例などの知識が必須です。正確な情報を把握し、適切な運行を確保する必要があるため、常に勉強し続けることが重要となります。

上記を考慮すれば、不動産管理が厳しく感じられる理由が明らかになるでしょう。

しかし、組織がしっかりとしたサポート体制がある会社や、

効率的なシステムを有している場合などは、

きつさを軽減されることもあります。

また、業務の経験を積むことで、安定した運営が可能になることも多いので、

一概にすべての不動産管理がきついわけではないといえます。

 

不動産管理業とは?

不動産管理業とは、不動産の価値を維持・向上させるために必要な様々なサービスを提供する業務を指します。

ここでいう不動産管理業とは「賃貸物件の管理」を指します。

  1. 賃貸管理: 賃貸物件の所有者に代わって、入居者の募集から契約、家賃の徴収、更新、解約の手続きまで行います。また、入居者のクレーム対応や退去時の原状回復の管理も含まれます。
  2. 建物管理・維持修繕: 物件の定期的な保守、清掃、修繕を行い、建物や設備が適切な状態を維持できるよう管理します。これにより、物件の価値を保ち、快適な居住環境を提供します。
  3. 運営管理: 物件の利用状況を把握し、最適な経営計画を立案します。オーナーに対するレポーティング、物件の利益を最大化するための戦略立案などが含まれます。
  4. リスク管理: 不渠合の改修時期の予測、緊急事態への対策立案、保険の管理などを通じて、物件に関わるリスクを管理します。
  5. 不動産仲介: 販売や賃貸において、所有者と入居者または購入者との間で仲介業務を行います。市場分析や価格設定、広告出稿もこの範疇に入ります。
  6. コンサルティング: 不動産の投資や運用に関してアドバイスを行う業務もあり、不動産投資の専門的な知識を提供します。

不動産管理業は、単に物件を維持するだけでなく、

経済的な側面から不動産の価値を最大化するための多角的なサービスを提供するプロフェッショナルな業種です。

 

ちなみに、分譲マンションの管理会社とは

分譲マンションにはそれぞれ所有者がおり、その所有者から構成される管理組合があります。

その管理組合と一緒にマンションの運営を行っていくのが、分譲マンションの管理会社です。

分譲マンションを購入すると毎月管理組合に「管理費・修繕積立金」を納めますがこのお金の管理や

共用部(駐車場・エレベーター等)の修繕提案等を行っています。

分譲マンションの室内はここに所有者がいますので、

分譲マンションの管理会社が管理するのは、委託されたお金のことや共用部分(住人が共通して利用する場所)の管理です。

 

 

不動産管理会社の仕事内容

不動産管理会社の仕事内容は、

不動産の維持、運用、そして価値増加に関連する多岐にわたるサービスを提供することです。

主な業務内容を詳しく見ていきましょう。

  1. テナント管理: 賃貸不動産の場合、入居者の募集、選定、入居のサポート、契約管理(家賃の徴収や更新、解約等)、入居中の相談対応などを行います。
  2. 物件管理: 物件の日常の保守・メンテナンス、清掃、設備の点検や緊急修繕など、物件の状態を良好に保つ業務が含まれます。
  3. 施設管理: 大規模な不動産や商業施設の場合は、セキュリティ、緊急時の避難計画の策定、設傼管理などの施設運営全般を行います。
  4. 資産管理: 不動産の収益最大化を目指し、資産としての価値を高めるための戦略立案や実行を担います。これには市場の分析や投資計画の策定も含まれます。
  5. 空室対策: 不動産の空室が生じた場合の対策やプロモーション活動を実施し、新たなテナントを確保する仕事も重要です。
  6. リーシング: 新規テナント獲得のためのリース契約の締結や条件交渉、その他テナントが求める特定の要望に応じたサービスを提供します。
  7. 経営コンサルティング: 不動産オーナーへの経営戦略や投資アドバイス、市場価値の判断、リスク管理などのコンサルティングも行うことがあります。
  8. 建物のリノベーション: 建物の価値を高めるための大規模な修繕やリノベーションの計画と実施を管理します。
  9. 法的な手続きのサポート: 不動産関連の法規制、税金、契約書の作成など、法的な手続きに関わる支援を提供します。

これらの業務は、物件のタイプや不動産管理会社の提供するサービスによって異なる場合がありますが、

基本的な仕事内容としては上記の通りです。

不動産が円滑に運用されるためには、これらの業務を適切にこなす不動産管理会社の役割が非常に重要となります。

 

不動産管理に向いている人

不動産管理に向いている人は、以下のような特質を持つ人でしょう。

  1. 対人スキル: 入居者やオーナー、業者とのコミュニケーションが多いため、円滑な人間関係を築けるコミュニケーション能力が求められます。
  2. 問題解決能力: 予期せぬトラブルやクレームに適切かつ迅速に対応できる能力が必要です。
  3. 組織力と時間管理: 複数の業務を効率良く管理し、優先順位をつけて対応できる組織的な思考が求められます。
  4. 柔軟性: さまざまな状況に適応し、柔軟に対応できる柔軟性が重要です。
  5. 詳細に注目する目: 契約の詳細、設備の状態など、細部にわたる点検と注意が重要になります。
  6. ストレス耐性: 高いプレッシャーの状況下でも落ち着いて対応できるストレス耐性があると良いでしょう。
  7. 専門知識: 不動産関連の法律、市場の動向、財務や税務に関する知識があればなお良しです。
  8. 説得力と交渉力: 契約条件の交渉や、関係者を説得する場面において有効です。
  9. テクノロジーへの適応力: 管理業務の多くがデジタル化されているため、新しいテクノロジーやソフトウェアを習得し、活用できる能力も求められます。
  10. 倫理観と責任感: オーナーやテナントの資産を扱うことになるため、高い倫理観と責任感が必要です。

これらの特質を持っていれば、不動産管理の仕事で成功する可能性が高まります。

また、経験を積むことでこれらのスキルを磨くことも可能ですので、

未経験であっても関連する知識やスキルを学び意欲的に挑戦する姿勢も重要となります。

 

 

街の不動産屋と不動産管理の違いを解説!

街の不動産屋(不動産仲介業者)と不動産管理会社の違いについて解説していきます!

 

街の不動産屋の主な役割

  1. 売買・賃貸の仲介: 購入、売却、賃貸を希望するクライアントと、物件の提供者を結びつける役割を担います。
  2. 物件のマッチング: 賃貸または購入を希望する顧客に対して、希望に合った物件を探すサポートを提供します。
  3. 市場情報の提供: 地域の市場情報や不動産の価値、価格動向のアドバイスを顧客に提供します。
  4. 契約手続きの支援: 売買契約や賃貸契約の作成、手続きのサポートを行います。
  5. このかたわらで、管理業をやっており、管理会社として機能している会社も多数あります。

不動産管理会社の主な役割

  1. 物件管理: 既に所有または賃貸された物件の日常的な運営と維持管理を行います。
  2. テナント管理: 入居者からの質問やクレームに対応し、家賃の徴収といった賃貸管理業務を担当します。
  3. 保守・メンテナンス: 物件の修理やメンテナンス、清掃等を計画し、実施します。
  4. 資産管理: 物件の価値を維持・向上させるための戦略策定や収益管理を行います。

ざっくり言うと、不動産仲介業者は物件の「売買や賃貸の取引」を担い、お客様が物件を見つけたり、売ったり、買ったりする際のプロセスをサポートします。

仲介手数料で収益をあげていることになります。

 

一方で、不動産管理会社は物件の「運用と維持」に重点を置き、

所有者に代わって物件の管理を続けるサービスを提供します。

これには入居者の管理や物件の状態保持、収益性の最大化などが含まれます。

主に、オーナーからの管理料(毎月固定)や入居者からの仲介手数料などで収益を上げています。

 

両者は不動産業界において重要な機能を果たすものの、役割と提供するサービスが大きく異なります。

 

まとめ

不動産管理は確かに厳しい側面がありますが、

豊かなコミュニケーション力と問題解決の能力を備えた人にはやりがいのある職務です。

物件と入居者の両方を管理し、資産価値を高める責任を担います。

街の不動産屋とは異なり、長期的かつ定期的な関わりを要する仕事です。

メンタルを鍛えたい方、ものごとをはっきり言えるようになる力がほしいかたにはおすすめです。

きついかどうかはアナタ次第!☆

-管理会社社員語る